ニコニ広告利用規約(生放送)

株式会社ドワンゴ(以下、「運営会社」といいます)が提供するサービス「ニコニ広告」(以下、「本サービス」といいます)は、利用者が、ウェブサービス「ニコニコ動画」、「ニコニコ生放送」及びその他の関連するサービスにおける動画や生放送等のコンテンツについて、「広告」を行うことができるサービスです。
なお、利用者が未成年者の場合、必ず事前に法定代理人(親権者)の同意を得てください。本サービスをご利用された未成年の利用者は、法定代理人の上記同意を得て利用しているものとみなします。

1. 利用規約の適用

「ニコニ広告利用規約(生放送)」(以下、「本利用規約」といいます)は、利用者が本サービスを利用して、ウェブサービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で放送されている生放送について、「ニコニコポイント」を消費(第9条に定める「無料チケット」及び「割引チケット」利用による消費も含みます)することによって、当該生放送の広告を「ニコニコ動画」の視聴ページに表示すること及びこれに関連する一切について適用されます。(以下、本サービスによる生放送の広告を「ニコニコ動画」の視聴ページに表示するための設定を、「生放送の広告設定」といいます)
利用者は、サービス画面上で表示される各種の説明表示を確認し、本利用規約の内容に全て同意のうえで本サービスを利用するものとします。本利用規約に定めのない事項については、運営会社が別途定める「niconico規約」及び「ニコニコ生放利用規約」が適用されるものとし、本利用規約、「niconico規約」及び「ニコニコ生放送利用規約」で異なる定めが規定された事項については、まず本利用規約が優先して適用され、次に「ニコニコ生放送利用規約」、「niconico規約」の順に適用されるものとします。

2. 利用可能な利用者

本サービスを利用するためには、「ニコニコポイント」を利用することのできる「niconicoアカウント」を有していることが必要になります。「ニコニコポイント」の利用については、「ニコニコポイント利用規約」が適用されます。

3.本サービスの効果

利用者が、本サービスを利用して「生放送の広告設定」を行った場合、以下のような効果が発生します。

(1)第5条に定める配信確率に基づき、「ニコニコ動画」の視聴者の端末に、利用者が「生放送の広告設定」において設定した内容(以下、「広告情報」といいます)が配信され、当該視聴者の端末の「ニコニコ動画」視聴ページにおいて、上記広告情報に従い、対象となった生放送の広告が表示されます。
(2)前項の規定により「ニコニコ動画」視聴ページにおいて生放送の広告が表示される際には、当該生放送について消費された累計「ニコニコポイント」(第9条に定める「無料チケット」及び「割引チケット」に係る「ニコニコポイント」相当分も含みます)に応じた装飾が付されます。(具体的な装飾の内容については、別途サービス画面表示で説明するものとします)
(3)「ニコニコ動画」視聴ページにおいて生放送の広告が表示される際には、「宣伝者のニックネーム」(利用者が「niconicoアカウント」に設定したもの又は利用者が本サービスにおいて任意で入力したもの)と、その利用者が本サービスの利用時に入力する宣伝コメントが表示されます。

「生放送の広告設定」の受付は一定時間ごとに締め切られ、受付時間ごとに広告が表示される時間帯が決められています。(「生放送の広告設定」の受付時間及び広告の表示の時間帯については、別途サービス画面表示で説明するものとします)

4. 対象となる生放送

利用者は、当該利用者自身が「ニコニコ生放送」において配信する生放送の他、当該利用者以外の第三者が行う生放送に対しても「生放送の広告設定」を行うことができます。利用者が「生放送の広告設定」を行うことができるのは、これらの生放送のうち、「生放送の広告設定」を行うことが許可されたステータスとなっているものに限られます。この他に「生放送の広告設定」ができる場合については、サービス画面上の表示で詳細が説明されるものとします。

5. 広告の表示

利用者が「生放送の広告設定」を行った場合、「生放送の広告設定」の受付時間終了後、広告情報の配信確率が決定されます(配信確率の詳細については、別途サービス画面表示で説明するものとします)。
視聴者の端末に広告情報が配信される際、視聴者の端末の設定等によっては、広告が表示されない場合があります。(広告が表示されない場合については、別途サービス画面表示で説明するものとします)
運営会社は、利用者がある生放送について「生放送の広告設定」を行った場合において、視聴者の端末に、当該生放送の広告が必ず表示されることを保証するものではありません。

6. 本サービスにおける「ニコニコポイント」消費

本サービスにおける「ニコニコポイント」の消費は、当該「ニコニコポイント」の消費の対象となった「ニコニコ生放送」又は生放送の配信者に本利用規約に定める効果が発生する以外、何らの効果も発生させるものではありません。
利用者は、本サービスで「ニコニコポイント」を消費することにより、何らかのファイルをダウンロードできる権利を得たり、何らかのストリーミング配信を利用できる権利を取得したりするものではなく、利用者が「生放送の広告設定」を行った生放送に関して利用者には何ら知的財産権、経済的利益、人格的利益、その他の利益は発生しません。利用者は、本サービスの利用に際して、「ニコニコポイント」を消費したことによる上記の結果について理解し、同意します。

7. 「生放送の広告設定」がされた生放送について

(1)利用者が「生放送の広告設定」を行った場合でも、生放送の広告が利用者の端末の「ニコニコ動画」視聴ページにおいて表示されるまでの間、当該広告の対象となった生放送の配信が継続しているとは限りません。生放送の放送時間の満了、生放送の配信者本人による操作又は第三者からの申立に基づき、生放送の配信が終了する場合があります。運営会社は、利用者が「生放送の広告設定」を行った生放送について、当該「生放送の広告設定」に係る広告の表示が完了するまでの間、当該生放送の配信が必ず継続することを保証するものではありません。
生放送の配信が終了した場合でも、終了前に「生放送の広告設定」が完了していれば、「ニコニコ動画」視聴ページにおいて当該生放送の広告が表示されます。但し、「ニコニコ生放送利用規約」の禁止事項に該当することを理由に当該生放送の配信が終了した場合には、当該生放送の広告が表示されないことがあります。
(2)利用者が「生放送の広告設定」を行った生放送が、生放送配信中に配信者本人による操作によって「生放送の広告設定」を許可しないステータスに変更される場合があります。「生放送の広告設定」を許可しない設定に変更された後は、当該生放送の広告が「ニコニコ動画」視聴ページにおいて表示されない状態になります。

8. 「ニコニコポイント」返還について

利用者は、本利用規約の内容を確認の上、本利用規約に定める利用条件及び留意事項等について十分に理解し、本利用規約に同意したうえで、本サービスにおいて「ニコニコポイント」を消費するものとします。本サービスの画面上の表示に従って一度「ニコニコポイント」が消費された場合には、法律の要件を満たす場合を除き、当該「ニコニコポイント」は理由の如何を問わず一切返還されないものとします。

9. 無料チケット及び割引チケット

(1)運営会社は、キャンペーン等により、利用者に対し、「ニコニコポイント」を消費せず「生放送の広告設定」ができるチケット(以下、「無料チケット」といいます)又は通常の「生放送の広告設定」に係る「ニコニコポイント」を割り引くチケット(以下、「割引チケット」といいます)を付与することがあります。本サービスにおける「無料チケット」及び「割引チケット」の使用の効果その他の取扱いについては、いずれも「ニコニコポイント」に準じます。
(2)前項にかかわらず、「無料チケット」及び「割引チケット」は、原則として利用者に付与された日の翌月末日までが使用期限とし、使用期限の経過をもって失効します。但し、各キャンペーンにおいて異なる使用期限が設定されている場合には、当該使用期限が優先して適用されます。

10. 禁止事項

本サービスに関する禁止事項については、「niconico規約」第5項の規定が適用されるものとします。利用者は、本サービスを利用する際には、「niconico規約」を事前に確認するものとします。

11. 運営会社の対応について

本サービスに関する禁止事項への運営会社の対応については、「niconico規約」第6項に規定される「運営会社の対応」が適用されるものとし、運営会社は当該規定に基づき本サービスの運営を行うものとします。なお、利用者自身の行為が禁止事項に該当しなくとも、運営会社は、「生放送の広告設定」がされた生放送が、禁止事項に該当する又は禁止事項に該当するおそれがあると判断した場合、当該生放送を中止又は削除することができるものとします。また、運営会社は、「生放送の広告設定」がされた生放送が、禁止事項に照らし、「niconico」の広告の対象物として不適格であると判断した場合、当該生放送について「生放送の広告設定」を行えないようにする等の対応を行うことがあります。当該対応が行われた後は、当該生放送の広告が「ニコニコ動画」視聴ページにおいて表示されない状態になります。利用者は、運営会社によるこれら全ての対応について、運営会社に対して一切異議を唱えないことに同意します。

12. 免責事項

本サービスは、運営会社によるメンテナンス作業や停電及び通信回線の異常、天変地異などの不可抗力を原因として、サービス提供の一部又は全部が休止する場合があります。運営会社は、本サービスを利用したこと、又は利用ができないことに起因又は関連して利用者に生じた損害について、直接的又は間接的な損害を問わず、一切責任を負いません。また、法律又は本利用規約の条項のいずれかに利用者が違反したことに起因又は関連して当該利用者又はその他の利用者に生じた損害についても、運営会社は一切免責されるものとします。但し、損害の発生の直接の原因となる事由が、運営会社の故意又は重大な過失に起因する場合にはこの限りではありません。

13. 準拠法

利用者は、本利用規約が日本法を準拠法とし、同法に基づいて解釈されること、並びに、本利用規約及び利用者による本サービスの利用に起因又は関連して生じた一切の紛争・問題については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに同意します。利用者は、本利用規約は、日本語によるものを正本とし、常に日本語のみにより解釈されることに同意します。利用者は、他の言語による翻訳は、利用者の便宜のためにのみ提供されるものに過ぎず、本利用規約の解釈に際して参照されることはないことに同意します。

14. 本利用規約等の変更

運営会社は、運営会社の判断により、事前の予告なく、任意の理由で、本サービスの内容を変更し又は本サービス提供を中断・停止することができるものとします。運営会社は、本利用規約を、運営会社の任意の判断により事前の予告なく変更できるものとします。運営会社は、本利用規約を変更する場合、変更内容を本サービスのウェブサイト上に掲載する方法により利用者に通知するものとし、利用者は、当該変更通知後、利用者が本サービスを利用したことをもって、変更後の本利用規約の内容が運営会社と利用者との間の契約に組み入れられることに同意します。

15. 分離性

本利用規約に定める条項の一部が強行法規への抵触その他の理由により無効とされた場合であっても、当該無効とされた条項以外の他の条項は有効に存続するものとします。この場合、当該無効とされた条項は、当初に意図された経済的目的が可能な限り達成できる有効な条項に当然に置き換えられるものとし、利用者はこれを予め承諾するものとします。